費用:16,500円(ご遺骨一柱 お骨壺サイズ5寸)

内容

奥様から、亡くなられたご主人のご遺骨をそばに置いておきたいとのご相談をいただきました。
お墓に埋葬してしまうと寂しいということで、奥様のお気持ちが落ち着くまでご自宅に安置したいとのこと。
お骨壺のままですと大きく、気持ち的にも沈んでしまうということで、真空パック処理をされたご遺骨は、ご主人が大切にされていた木箱に移し替えられリビングに安置されるそうです。

<ワンポイントアドバイス>
大切な人がお亡くなりになり独りぼっちになってしまうのは
とても悲しく、夫婦二人で生活していた時には想像もつかないことでしょう。
ご自宅から離れたお墓に埋葬してしまうよりこれからも近くにいてほしい…
無理にお気持ちを整理しなくても大丈夫です。
例えば、ご自身がお元気なうちはご自宅で安置され旅立たれたあと一緒にお墓に納骨してもらうことも可能です。ご遺骨を粉末化にすること、しばらくは手元供養したいこと、最終的にはこうしたいとご家族・ご親族の方とお話をしてみてはいかがでしょうか。