費用:約150,000円

内容

ご両親が相次いでお亡くなりになったお部屋の特殊清掃依頼をいただきました。お部屋の各所に物が積まれている状態で貴重品等を探し出すことが難しいということで、お亡くなりになった場所の特殊清掃とご不要品の撤去をさせていただきました。ご不要品を撤去したことでスペースを確保することができたので、これからご遺品の整理を進められるそうです。

<ワンポイントアドバイス>
孤立死(孤独死)の特殊清掃のご依頼が増えています。
「お部屋でお亡くなりになっています」と大家さんから連絡が入り混乱しているうちに、警察の現場検証が入ったり・・・と、ご遺族の精神的負担は想像をはるかに上回るものです。
賃貸の場合、賃料が発生しますのでできるだけ早くお部屋を片付ける必要が出てきますが、故人の死と向き合うためにもご遺族による遺品整理の時間は必要です。業者に依頼して片付けてもらえば早く退去することができます。私どもは整理をご依頼いただいた際、貴重品やお写真・お手紙などのご遺品はもちろんご遺族様にお渡ししていますが、故人様とご家族・ご親族様にしかわからない【大切なもの・思い出の品】は残念ながらわかりません。
今回のご依頼者様のように、まずはご自身で遺品整理を行えるようお部屋の整理をすることも承っておりますので、お気軽にお申し付けください。